オール電化とは?

 
最近では、エコなどの自然に対する取り組みが個人レベルでも行われるようになりました。そういった取り組みと共に聞かれるようになった言葉としてオール電化というものがあります。名前は聞いた事はあるけど詳しくは知らないと言う人の為にオール電化についてご紹介したいと思います。

オール電化とは?


オール電化とは読んで字の如く、家に存在するすべての家財道具の動力を電気にするというものになります。例えば、調理に際してガスコンロを使っている家庭が多いと思いますが、オール電化の家庭では、ガスコンロでは無く、電気の力で熱を起こし調理します。また、ガスで行われていた湯沸しなどもすべて電気で行います。

オール電化のメリットは?


ガスで行う事が出来る事を何故わざわざオール電化にする必要があるのでしょうか?
ひとつとしては動力を一つにする事で、光熱費等を抑えるというメリットがあります。あとは、基本的には物理的には火というのが発生しないので火事に強いというメリットがあります。これについて詳しくは後述します。

オール電化導入の流れ


モデルハウス等などでは、最初からオール電化になっているモデルハウスなどがあります。そしてオール電化だけでなく、太陽光発電も設置して、完全自足型の住宅として環境に対する取り組みをアピールしている住宅もあります。こういった住宅であれば、購入した当時からオール電化ですが、もうすでに住宅を持っていてこれからオール電化にしたいという場合には、まずはオール電化用の工事をする必要があります。インターネット等でオール電化工事に対応することが出来る工務店を探して工事を行いましょう。基本的には工務店に任せておけば問題は無いです。あとは太陽光発電を設置しない場合には電気使用量が増す事が予想されますので、電気の契約を見直した方が良いと考えられます。そうでなければオール電化にした旨みは非常に少ないと考えられます。またオール電化には良い点ばかりでは無いのが現実です。

※オール電化の気になることについてはオール電化まるわかりをご覧下さい。