オール電化の現状TOP > オール電化のデメリット > オール電化は火事のリスクが少ない

オール電化は火事のリスクが少ない

 
オール電化では動力を一元化する事によって、光熱費を抑えると言うのが最大のメリットになります。また、太陽光発電を設置する事によって環境に優しい完全循環型住宅を構築できると言う強みもあります。さらにもう一つのメリットとしては火事が起こりづらいという点です。

火事の発生原因の多くが・・


日本のおける火事の発生原因には、タバコの不始末、コンセントからの発火、これらの他に料理中における火事や火の消し忘れによる火事というものがあります。特に火の消し忘れからの火事というものが多く、この火事によって毎年死傷者も出ている位です。

オール電化では火事が起こりづらい


オール電化は動力をすべて電力にしますので、調理もガスを使って火を起こして行う訳ではありません。その為調理中や火の消し忘れによる火事というのは非常に起こりづらいと考えられます。調理中の火事の原因の一つに天ぷらの油による発火というものがありますが、オール電化による調理では油の温度や火事防止装置が付いている物が多く更に火事が起こりづらくなっています。

火事がまったくおこらない訳では無い


ただ、オール電化とはいえども火事は起きます。タバコの不始末による火事はオール電化であろうがなかろうが関係ありません。またコンセントの発火というのは、埃などがたまり通電した際に発火するという現象ですが、これもオール電化であっても起こりえます。大事なのは私達住んでいる人間が火事の原因となる要因をどれだけ排除できるかという事になります。オール電化であれば普通の家庭に比べて要因が少なく、火事を防ぐ手助けをしてくれる機能もありますが、最終的には我々人間の意識の問題になります。例えオール電化でも火事は起こるんだという気持ちで過ごす事がとても大事になります。日本においては特に、空気が乾燥してくるこれからの季節は注意が必要になります。火事は一瞬で大切な物を奪っていきます。注意のし過ぎぐらいがちょうどよいでしょう。
 

関連記事

オール電化は火事のリスクが少ない

オール電化では動力を一元化する事によって、光熱費を抑えると言うのが最大のメリットになります。また、太陽光発電を設置する事によって環境に優しい完全循環型住宅を構築できると言う強みもあ...

オール電化で火災保険が安くなる

オール電化ではガスなどを調理の際に使用する事が無い為物理的に火というのが発生しづらくなっています。その為一般的にはオール電化の住宅は火事が起きづらいと考えらえれています。オ...