オール電化の現状TOP > オール電化のデメリット > オール電化で火災保険が安くなる

オール電化で火災保険が安くなる

 
オール電化ではガスなどを調理の際に使用する事が無い為物理的に火というのが発生しづらくなっています。その為一般的にはオール電化の住宅は火事が起きづらいと考えらえれています。

オール電化では火災保険が安くなる


一般の家庭、オール電化の家庭関係なく、大抵の人は住宅保険として火災保険に入っている物と考えられます。特に日本では空気が乾燥しやすい冬場では家庭が出火元となるような火事が非常に多いです。自分の不祥事によるものであれば、自分の家だけが燃えるのであればまだ納得出来ますが、火事の怖い所としては、火の勢いが強い場合には、自分の住宅だけでなく、近所の住宅まで燃やしてしまう可能性があります。そうなってしまった場合には莫大な損害賠償を払わなければいけない可能性があります。その際に役立つのが火災保険ですが、オール電化はその性質上火災が起こりづらい構造になっています。その為火災保険も一般のガスなどを使う家庭よりも安くなっています。どれぐらい安くなるのかは保険会社のプランによっても異なりますので一概には言えません。

オール電化であっても火事が起きる時は起きる


家庭における火事の原因の一つにタバコの不始末があります。普段家庭内で吸う時には灰皿にタバコを置いたりして燃える要素というのは無いのですが、例えばタバコを吸っている時に思わぬ電話が掛かってきてタバコの存在を忘れそのまま寝てしまって火事という場合も多く報告されています。そうなってしまってはオール電化も一般の家庭も関係ありません。火事が起きにくく、火災保険も安いからといって油断してしまっては元も子もありません。大事なのは火事は絶対に起こさないという普段からの意識が最終的に火事を防ぎます。見方によってはシステムによって守られていない一般家庭の方が火事に対する意識が高いかもしれません。機械によるシステムはサポートでしかありません。最終的には我々人間自らが防ぐしか方法は無いのです。
 

関連記事

オール電化は火事のリスクが少ない

オール電化では動力を一元化する事によって、光熱費を抑えると言うのが最大のメリットになります。また、太陽光発電を設置する事によって環境に優しい完全循環型住宅を構築できると言う強みもあ...

オール電化で火災保険が安くなる

オール電化ではガスなどを調理の際に使用する事が無い為物理的に火というのが発生しづらくなっています。その為一般的にはオール電化の住宅は火事が起きづらいと考えらえれています。オ...