オール電化の現状TOP > オール電化のメリット > 電気料金の値上げでオール電化のメリットは半減

電気料金の値上げでオール電化のメリットは半減

 
最近では導入している家庭も多いオール電化ですが、元々は諸光熱費が安く済むという事で導入を決めた人も居るかと思いますが、電気料金が値上げしてしまうとそのメリットも少なくなってしまいます。

電気料金の値上げはオール電化の大敵


記憶に新しい東北の地震災害ですが、その地震災害により福島の原発が故障してしまいあわや歴史上の大参事になる所でした。その出来事をきっかけに日本中で原発の不要議論が巻き上がりましたが、現状として電力供給を原発に依存している日本としては原発が動かなければ電力が不足してしまいます。電力会社もボランティアで行っている訳では無いので、電力が少なくなれば、電気料金に上乗せする形でバランスを取るしかありません。実際問題、電気料金が徐々に高くなってきています。オール電化は家の動力をすべて電力によって賄っています。太陽光発電を導入していない家庭では、電力会社からの電力に頼っていますので、電気料金の値上げはオール電化のメリットを著しく落としてしまっています。

オール電化の普及が鈍る


大多数の人が考えるオール電化の最大のメリットは光熱費が下がるという事です、ただ現状として電気料金が高い今、そしてこれからも電気料金が上がっていく事が予想されている現状としてはオール電化に変えないという人が増えてきており、オール電化の普及率が鈍ってきています。光熱費以外の部分で見ればオール電化にはメリットがあるのですが、なかなかそこには着目されづらいというのは少し悲しい点でもあります。

これから先普及を増やすためには太陽光発電の装置に対して政府や自治体が補助金を出したように、するという方法が一番良いのではないでしょうか。環境的な面で見れば非常に素晴らしいシステムといえるオール電化ですが、一部の家庭が行った所で大した効果は上がりません。こういった環境に対する取り組みというのは全体が一体となってはじめて効果があがるとかんがえらえれます。
 

関連記事

電気料金の値上げでオール電化のメリットは半減

最近では導入している家庭も多いオール電化ですが、元々は諸光熱費が安く済むという事で導入を決めた人も居るかと思いますが、電気料金が値上げしてしまうとそのメリットも少なくなってしまいま...

オール電化は昼間の電気代が高い

オール電化を利用する際に気になる点としては電気料金になりますよね。その家庭にあるすべての道具の電力を電気で賄うと言う性質上電気料金の値上げは例え少しでも家計にとっては大打撃となりま...