オール電化の現状TOP > オール電化のメリット > オール電化は昼間の電気代が高い

オール電化は昼間の電気代が高い

 
オール電化を利用する際に気になる点としては電気料金になりますよね。その家庭にあるすべての道具の電力を電気で賄うと言う性質上電気料金の値上げは例え少しでも家計にとっては大打撃となります。

電気代は時間によって異なる


ご存知の方が多いかと思いますが、電気代というのは24時間統一されている訳ではありません。時間帯によって値段の上下というものがあります。具体的に言うと、電気を使用する人が少ないと予想される深夜の時間帯というのは電気代が安くなります。それとは逆に電気を使用する人がたくさん居ると考えられる昼間というのは電気代が高くなります。電気の消費量が多いとそれに合わせた送電を行わなければなりません。その送電量が多ければ多いほど機械に負担を掛ける為電気料金が高くなると言う訳です。それと間接的な意味としては、この時間は電気代が高いため節電をしようという意識を消費者に植え付けると言う心理的な効果もあります。

オール電化は電気代の料金によってすべてが決まる


オール電化はお風呂を沸かす事から料理までをすべてが電気で行います。その為一般の家庭に比べると電気代が著しく高くなります。オール電化の家庭では太陽光発電を設置してその電気ですべてをまかなっているという家庭もありますが、オール電化の家庭に必ずしも太陽光発電を付けているとは限りません。ですので、1円でも電気料金が上がろうものなら光熱費が他の家庭に比べて高くなってしまう可能性も出てきます。オール電化の家庭では、昼間は電気代が高いという事を分かっているので、昼間は調理せずに、夜に調理をし昼間は外食をするという家庭があるぐらい、電気料金にシビアになっている家庭もあります。個人的に言えば、太陽光発電装置を設置し、完全循環型住宅になって初めてオール電化の真価が発揮されるのではないかなと感じています。ただ、それでなくてもオール電化のメリットというものは存在しますが。
 

関連記事

電気料金の値上げでオール電化のメリットは半減

最近では導入している家庭も多いオール電化ですが、元々は諸光熱費が安く済むという事で導入を決めた人も居るかと思いますが、電気料金が値上げしてしまうとそのメリットも少なくなってしまいま...

オール電化は昼間の電気代が高い

オール電化を利用する際に気になる点としては電気料金になりますよね。その家庭にあるすべての道具の電力を電気で賄うと言う性質上電気料金の値上げは例え少しでも家計にとっては大打撃となりま...